膣内洗浄の効果とは【不快感の軽減や生理痛の緩和】

女性特有の悩み

困る女性

この痛み、どうすれば

多くの女性の悩みといえば、生理痛が挙がります。痛みの強さは人それぞれ異なっており、軽い痛みから日常生活に支障をきたすほどの強い痛みまで様々です。痛みが強い場合、薬なしでは生活できない方もいらっしゃいます。この痛みに対処するお薬が数多く販売されていますが、どのように選べばよいのでしょうか。生理痛のお薬の成分は、主にイブプロフェン・ロキソプロフェン・アスピリン・アセトアミノフェンの4種類があります。特に、イブプロフェンとロキソプロフェンが多くの市販薬に使用されています。生理痛は、女性ホルモンの一種であるプロスタグランジンが生理時に大幅に増加することによって発生します。イブプロフェンは、このプロスタグランジンの生成を防ぐ事で痛みを抑える作用があります。また、プロスタグランジンはアラキドン酸がシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素の影響によって生成されます。ロキソプロフェンはこのシクロオキシゲナーゼの働きを阻害することで、プロスタグランジンの生成をブロックし、痛みを抑えます。従って、生理痛のお薬を探す場合はイブプロフェンかロキソプロフェンが配合されている商品を選ぶことが大切です。また、一般的にロキソプロフェンは胃への負担が大きい薬剤です。空腹時や胃の調子が悪い時に服用してしまうと、思わぬ副作用が発生する場合があります。そのため、胃腸が弱っている時はロキソプロフェンではなく別の成分が主となっている商品を選ぶとよいです。